event

バーチャルマーケット2024 Winter:世界最大級のメタバースイベント開催決定

バーチャルマーケット2024 Winter:世界最大級のメタバースイベント開催決定
MVW

バーチャルマーケット2024 Winter:世界最大級のメタバースイベント開催決定

概要

株式会社HIKKYは、世界最大級のメタバースイベント「バーチャルマーケット2024 Winter」を2024年12月7日(土)から12月22日(日)の16日間にわたり開催することを発表しました。今回のイベントでは、「お台場」、「ラスベガス」、富士山周辺エリア「フジヤマ」の3会場を舞台に、出展企業を募集しています。このイベントは、ユーザーに新しい広告プロモーションや観光促進、地域活性化、メタバースを活用した顧客との交流や市場調査の機会を提供します。

イベントの詳細

開催概要

  • 開催期間: 2024年12月7日(土)~12月22日(日)
  • テーマ: Boundless!
  • 主催: VR法人HIKKY
  • 会場: お台場、ラスベガス、フジヤマ(仮称)
  • 来場方法: VR機器およびゲーミングPCからVRChat内特設ワールドに参加可能。スマートフォン等からもWebブラウザで入場可能。

出展企業の募集

バーチャルマーケット2024 Winterでは、企業や団体に向けた出展の募集を開始しています。バーチャルマーケットの出展は、新規顧客の開拓、バーチャル広告を活用した指名マーケティング、SNSプロモーションを通じた認知拡大など、多くのメリットがあります。特に以下の3つの効果が期待されます。

  • 新規顧客の獲得: メタバースを活用することで、これまでアプローチできなかった層にも商品・サービスの魅力を伝えることが可能です。
  • バーチャル広告: リアルでは実現できないメタバースならではの体験を提供し、商品やサービスを3Dオブジェクト化して多くのユーザーに触れてもらうことで、自然な形で顧客接点を増やします。
  • SNSプロモーション: ユーザー生成コンテンツ(UGC)を活用し、来場者が自発的にコンテンツをSNSで発信・拡散することで、認知度の向上を図ります。

バーチャルマーケットの活用事例

これまで多くの企業・団体がバーチャルマーケットに出展し、メタバースならではの取り組みを推進してきました。

  • 大丸松坂屋百貨店: バーチャル店舗「バーチャル大丸・松坂屋」を展開し、食品の3Dモデルを展示・販売。
  • 静岡県焼津市: 市の魅力や特産品をPRし、累計70万人以上の来場者を記録。

まとめ

「バーチャルマーケット2024 Winter」は、企業や団体がメタバースを活用して新たなビジネスチャンスを見出すための重要なイベントです。バーチャル空間での広告プロモーションや顧客との交流を通じて、ブランドの魅力を広く伝えることが可能です。多くの企業がこの機会を活用し、メタバース市場での成功を目指しています。

参照元

バーチャルマーケット関連記事

ABOUT
MetaVeRseworld
MetaVeRseworld
MetaVeRse worldは、メタバース、web3.0、ブロックチェーンゲーム、NFT、仮想通貨といった革新的なテクノロジーに焦点を当てた情報を提供する先駆的なメディアです。 最新のトレンドや技術革新、業界の動向を探求し、読者に幅広い視点からの洞察を提供しています。 メタバースの進化とその影響、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす変革、NFT市場の動向、そして仮想通貨に関する最新のニュースなど、多岐にわたる情報を網羅し、ユーザがテクノロジーの未来を理解し、進化するデジタル世界を楽しむ手助けを目的にMetaVeRse worldは、革新的なテクノロジーに興味を持つ人々に向けて、知識とインスピレーションを提供します。
記事URLをコピーしました