News

次世代のアニメ・マンガカルチャー:Web3の世界へ

次世代のアニメ・マンガカルチャー:Web3の世界へ
MVW

次世代のアニメ・マンガカルチャー:Web3の世界へ

アニモカ主導のMocaverseとAnime Foundationの提携

提携の背景と概要

Anime Foundationは、グローバルなアニメカルチャーのためのオープンなエコシステムを構築することを目指しています。2024年5月28日に、Web3大手のアニモカブランズが主導するプロジェクト「Mocaverse」とのパートナーシップを発表しました。この提携により、MocaverseのデジタルIDとポイントシステムを活用し、Anime Foundationは「Anime ID」をローンチします。これにより、次世代のアニメ・マンガカルチャーの構築と支援が進められます。

Anime IDの導入と目的

Anime Foundationは、Mocaverseのソフトウェア開発キットを使用して「Anime ID」を導入します。これにより、次世代のアニメ・マンガカルチャーの構築と支援が進められます。Anime Foundationの目標は、伝統的なアニメ・マンガ業界とWeb3コミュニティの架け橋となり、ファン体験を向上させることです。ブロックチェーンをベースにした収益モデルやコミュニティ構築のイニシアチブを提供し、クリエイターがコンテンツから得られる報酬機会を増やすことを目指しています。

NFTの活用

このプロジェクトでは、NFT(非代替性トークン)を活用して、アカウント、ID、評判、ポイントのレイヤーとして機能するMocaverseと協業します。NFTとは、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのことで、ゲームや音楽、アート作品などに広く利用されています。

ローンチパートナー

パートナー企業

Anime Foundationと協業するパートナーには、アニモカブランズ、アニモカブランズジャパン、San FranToky、そして新たに加わったMyAnimeListがあります。MyAnimeListは世界最大級のアニメ・マンガのデータベースを運営しており、会員登録数は1,800万人に上ります。

MyAnimeListの役割

MyAnimeListの主要株主にはKADOKAWA、講談社、DMM.com、電通グループが名を連ねています。MyAnimeListの溝口代表取締役は、Anime Foundationとのコラボレーションを通じて、より多くの漫画作品を世界中に配信し、次にヒットする可能性の高いアニメを発掘することを目指しています。

まとめ

Anime FoundationMocaverseの提携は、次世代のアニメ・マンガカルチャーの発展に大きく寄与することが期待されます。このパートナーシップにより、伝統的なアニメ・マンガ業界とWeb3コミュニティの間の架け橋が築かれ、ファン体験の向上が図られるでしょう。特にAnime IDの導入により、クリエイターがコンテンツから得られる報酬機会が増え、ファンは独占的なコンテンツや所有権を得ることが可能になります。今後、これらの技術と取り組みによって、グローバルなアニメ・マンガコミュニティがより一層繁栄することが期待されます。


参照元

Mocaverse関連記事

ABOUT
MetaVeRseworld
MetaVeRseworld
MetaVeRse worldは、メタバース、web3.0、ブロックチェーンゲーム、NFT、仮想通貨といった革新的なテクノロジーに焦点を当てた情報を提供する先駆的なメディアです。 最新のトレンドや技術革新、業界の動向を探求し、読者に幅広い視点からの洞察を提供しています。 メタバースの進化とその影響、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす変革、NFT市場の動向、そして仮想通貨に関する最新のニュースなど、多岐にわたる情報を網羅し、ユーザがテクノロジーの未来を理解し、進化するデジタル世界を楽しむ手助けを目的にMetaVeRse worldは、革新的なテクノロジーに興味を持つ人々に向けて、知識とインスピレーションを提供します。
記事URLをコピーしました