News

Walmartの新しい3D eコマースプラットフォーム「Realm」

Walmartの新しい3D eコマースプラットフォーム「Realm」
MVW

Walmartの新しい3D eコマースプラットフォーム「Realm」

概要

Walmartは新たな3D eコマースプラットフォーム「Realm」を立ち上げました。このプラットフォームは、現実のWalmart店舗で販売されている製品のデジタルレプリカを仮想バザールで購入できるものです。Realmは、アニメ風のアバターや鮮やかな色彩、架空の世界観を特徴とし、消費者にユニークなショッピング体験を提供します。

Realmの特徴と背景

仮想ショッピングモールの構築

Realmは、1990年代のショッピングモールをデジタル化したようなもので、ユーザーはデスクトップやモバイルからアクセスできます。利用者は、仮想店舗内のオブジェクトをクリックし、「カートに追加」ボタンを押して商品を選び、チェックアウトリンクでWalmart.comに移動して購入を完了します。

メタバース戦略の一環

Walmartは、4,000以上の実店舗を持つ小売大手として、メタバースを活用した戦略を強化しています。他社がAIなどの新技術に注力する中、Walmartはメタバース投資を続け、より若い顧客層の関心を引き付けようとしています。Realmの立ち上げは、この戦略の最新の動きです。

過去の取り組み

Walmartは2022年にメタバースへの取り組みを開始し、FortniteやRobloxなどの仮想世界で若年層とのつながりを強化してきました。例えば、Roblox内では「Walmart Land」や「Walmart Universe」などの没入型体験を提供し、ユーザーは仮想アバター向けのアイテムを購入することができました。

Realmの機能と利便性

バーチャルアセット

Realmでは、ユーザーが仮想オークションに参加し、どこからでも商品を購入できます。特に不動産に関連するNPA(不良資産)では、バーチャルリアリティ(VR)を利用した詳細な物件ツアーが提供され、時間とコストを節約しながら効率的にプロセスを進めることができます。

ゲーム感覚の買い物体験

Realmにはゲームの要素が取り入れられており、「Go Chromatic」ではTetris風のミニゲームで$100の景品が当たるチャンスがあります。また、仮想世界を探索する中でWalmartの黄色い星形のトークンを収集し、20%のクーポンを獲得することもできます。これにより、ユーザーはリアル店舗のようにプラットフォーム上で長時間楽しむことができます。

インフルエンサーマーケティング

Walmartは、Mai Pham、Nava Rose、Makenzie、Malia Fowlerなどのインフルエンサーと協力して、Realmのプロモーションを行っています。これらのインフルエンサーは、TikTokなどのSNSを通じてフォロワーにRealmの魅力を伝え、プラットフォームへの訪問を促進します。

将来の展望

Realmは、Walmartのオンラインショッピング戦略の次の段階を示しています。今後、WalmartはFortniteやMinecraftなど他のプラットフォームにも進出し、リアルワールドのコマースを仮想世界に導入することを目指しています。

まとめ

Walmartの3D eコマースプラットフォーム「Realm」は、メタバースを活用した新しいショッピング体験を提供し、若年層の消費者をターゲットにしています。アニメ風のアバターやカラフルな仮想世界、ゲーム要素を取り入れたこのプラットフォームは、現実の店舗とは異なるユニークな体験を提供します。インフルエンサーとの連携を通じて、より多くのユーザーを引き付けることを目指しており、今後の展開にも注目が集まります。


参照元

ウォルマート関連記事

ABOUT
MetaVeRseworld
MetaVeRseworld
MetaVeRse worldは、メタバース、web3.0、ブロックチェーンゲーム、NFT、仮想通貨といった革新的なテクノロジーに焦点を当てた情報を提供する先駆的なメディアです。 最新のトレンドや技術革新、業界の動向を探求し、読者に幅広い視点からの洞察を提供しています。 メタバースの進化とその影響、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす変革、NFT市場の動向、そして仮想通貨に関する最新のニュースなど、多岐にわたる情報を網羅し、ユーザがテクノロジーの未来を理解し、進化するデジタル世界を楽しむ手助けを目的にMetaVeRse worldは、革新的なテクノロジーに興味を持つ人々に向けて、知識とインスピレーションを提供します。
記事URLをコピーしました