News

Web3セキュリティ専門家がAIとの監査競争に挑む:その結果

Web3セキュリティ専門家がAIとの監査競争に挑む:その結果
MVW

Web3セキュリティ専門家がAIとの監査競争に挑む:その結果

競争の背景

Web3セキュリティ監査プラットフォームは、スマートコントラクトの脆弱性を特定し、潜在的なリスクを軽減することでその信頼性を確保しています。一部の監査プラットフォームは、監査プロセスを強化するために人工知能(AI)を利用しており、監査の速度と範囲を大幅に向上させています。しかし、AIに依存することで、微妙で重要な脆弱性を見逃す可能性があるという懸念もあります。このAIの効率と人間の専門知識のバランスが、監査競争によって検証されました。

人間の監査者とAI支援の監査会社の対決

この監査競争は、Bunzz AuditがAI支援の監査サービスを開始したことを発表したツイートから始まりました。スマートコントラクト監査の専門家であるNirlinは、このツイートに反応し、AIがスマートコントラクト監査において効果的かどうかについて疑問を呈しました。Nirlinは公開的にBunzz Auditに対して監査競争を提案し、これがSNS上で大きな話題となりました。

監査競争の内容と結果

監査対象のスマートコントラクト

Nirlinは監査対象のスマートコントラクトを選び、事前にこれらの契約を監査していました。一方、Bunzz Auditには2時間で分析を完了するように求められました。この不均衡にもかかわらず、結果は貴重な洞察を提供しました。

結果の比較

  • Bunzz Auditは43の脆弱性を特定し、幅広い潜在的な問題をスキャンする能力を示しました。
  • Nirlinは手作業による監査で、スマートコントラクトに重大な問題を引き起こす可能性のある重要な脆弱性を発見し、Bunzz Auditが見逃したものを見つけました。

これにより、監査レポートには一律のものがないことが明らかになりました。広範な脆弱性スキャンを優先する場合はBunzz Auditが最適ですが、重大なリスクを特定することを重視する場合はNirlinのような人間の監査者が不可欠です。

AIエンジンの改善と将来の展望

競争後、Bunzz Auditはフィードバックを受けてさらなる研究開発に投資し、AIエンジンを大幅にアップデートしました。Bunzz Auditは、競争中に見逃した脆弱性を特定することに成功し、AI技術の学習能力を示しました。また、OpenAIのGPT-4o言語モデルを使用することで処理速度が3倍に向上しました。

AIは人間の監査者とは異なり、継続的な技術進歩の恩恵を受けており、将来的にはより高度な脆弱性検出が期待されます。これにより、Web3セキュリティの分野でAIと人間の専門知識が協力する可能性が示されています。

まとめ

この監査競争は、AI支援の監査と人間の監査の強みと限界を浮き彫りにし、Web3セキュリティの未来に向けた重要な洞察を提供しました。AI技術の進歩が続く中で、Web3セキュリティの将来がどのように進化するかを見守ることは非常に興味深いです。


参照元

Web3セキュリティ関連記事

ABOUT
MetaVeRseworld
MetaVeRseworld
MetaVeRse worldは、メタバース、web3.0、ブロックチェーンゲーム、NFT、仮想通貨といった革新的なテクノロジーに焦点を当てた情報を提供する先駆的なメディアです。 最新のトレンドや技術革新、業界の動向を探求し、読者に幅広い視点からの洞察を提供しています。 メタバースの進化とその影響、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす変革、NFT市場の動向、そして仮想通貨に関する最新のニュースなど、多岐にわたる情報を網羅し、ユーザがテクノロジーの未来を理解し、進化するデジタル世界を楽しむ手助けを目的にMetaVeRse worldは、革新的なテクノロジーに興味を持つ人々に向けて、知識とインスピレーションを提供します。
記事URLをコピーしました