新潟県三条市における先端技術活用と持続可能なまちづくり

新潟県三条市における先端技術活用と持続可能なまちづくり
MVW

新潟県三条市における先端技術活用と持続可能なまちづくり

概要

新潟県三条市PwCコンサルティング、および大日本印刷(DNP)の三者は、メタバースなどの先端技術を活用し、地域住民のエンゲージメントを向上させ、持続可能なまちづくりを推進するための連携を発表しました。これにより、地域の発展と持続可能性の向上を目指します。

取り組みの背景

三条市では、地域課題に対する充実した住民サービスの提供が重要視されています。特に人手不足により、地方自治体の業務範囲が拡大しており、その解決策としてデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進することが急務とされています。この課題解決に向け、PwCコンサルティングとDNPは、メタバースを中心とした先端技術の活用を提案し、三条市と協力して持続可能な自治体運営を目指します。

取り組みの概要

三者は、以下の3つの主要な取り組みを行います。

持続的な関係人口の創出

  • 地域特有の魅力の創出および発信
  • 地域との交流機会の創出および促進
  • 地域産業の振興

地域住民のエンゲージメント向上

  • 業務DXを通じた行政サービスの高度化
  • 住民同士の交流、共助を促す生活利便性の向上

その他の目的達成に必要な事項

上記の取り組みは、アジャイル型アプローチを採用し、小さな仮説を高頻度に検証することで、実効性と早期の課題解決を目指します。また、AI、スマートモビリティ、次世代高速通信、ロボティクスなどの先端技術を活用し、地域の魅力発信や生活利便性向上、就業機会創出、生産性向上に取り組みます。

各社の役割

PwCコンサルティング

  • 先端技術を活用した官公庁等の研究・調査および事業推進の支援
  • メタバースやWeb3.0などの事業化支援
  • 包括的な課題解決力を活かし、自治体の課題解決をリード

大日本印刷(DNP)

  • メタバース等の先端技術を活用したソリューションの構築・運用支援
  • XR(Extended Reality)技術を活用した新しい体験価値と経済圏の創出
  • BPO(Business Process Outsourcing)・BPR(Business Process Re-engineering)知見を活かし、地域の課題解決および行政DXを支援

実施期間

2024年7月4日から1年間

まとめ

この取り組みは、三条市の持続可能なまちづくりを目指し、メタバースなどの先端技術を活用して地域住民のエンゲージメントを向上させることを目的としています。これにより、地域の発展と持続可能性の向上が期待されます。地域特有の魅力を創出し、住民同士の交流や共助を促進することで、地域の課題解決に貢献します。

参照

DNP関連記事

ABOUT
MetaVeRseworld
MetaVeRseworld
MetaVeRse worldは、メタバース、web3.0、ブロックチェーンゲーム、NFT、仮想通貨といった革新的なテクノロジーに焦点を当てた情報を提供する先駆的なメディアです。 最新のトレンドや技術革新、業界の動向を探求し、読者に幅広い視点からの洞察を提供しています。 メタバースの進化とその影響、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす変革、NFT市場の動向、そして仮想通貨に関する最新のニュースなど、多岐にわたる情報を網羅し、ユーザがテクノロジーの未来を理解し、進化するデジタル世界を楽しむ手助けを目的にMetaVeRse worldは、革新的なテクノロジーに興味を持つ人々に向けて、知識とインスピレーションを提供します。
記事URLをコピーしました