Technology

Valora、シームレスなWeb3 DApp展開のためのモバイルスタックを発表

Valora、シームレスなWeb3 DApp展開のためのモバイルスタックを発表
MVW

Valora、シームレスなWeb3 DApp展開のためのモバイルスタックを発表

Valoraの新しいモバイルスタックの紹介

Valoraは、モバイルデバイス上でWeb3 DAppの展開をシームレスに行うための新しい「モバイルスタック」を発表しました。このプロトコルは、開発者がモバイルファーストのDAppを簡単に構築できるよう設計されています。

モバイルファーストのアプローチ

現在のWeb3コミュニティはデスクトップ中心ですが、Valoraのモバイルスタックはこれを変え、スマートフォンユーザー向けに特化したDApp開発を推進します。これにより、開発者はモバイルユーザーに対してより直感的で使いやすいアプリケーションを提供できるようになります。

モバイルスタックの特徴

  • オープンプロトコル:誰でも利用できる分散型のプロトコルで、開発者は必要な機能だけを組み込むことができます。
  • カスタマイズ可能:開発者は自分のDAppに最適なプロトコルを選び、カスタマイズすることが可能です。
  • ユーザーフレンドリーなUX:現在のDAppのユーザーエクスペリエンスは複雑で使いにくいとされていますが、Valoraのモバイルスタックはこれを改善します。

初期導入事例

  • Troopo:Stake Capitalの貯蓄および収益アプリ
  • Vana’s ChatGPT Data DAO:ユーザーがデータを収益化できるDApp

多様な応用例

Valoraのモバイルスタックは以下のような多様な応用が期待されています。

  • 国境を越えたピアツーピア支払い
  • DeFiサービスの簡素なオンボーディングアプリ
  • 新興市場でのユニバーサルベーシックインカムプログラム
  • パートナーシップによる「学んで稼ぐ」キャンペーン

Valoraの背景

Valoraは、2020年にCeloネットワーク上の分散型ウォレットとして設立されました。2021年にはA16z主導の2,000万ドルの資金調達ラウンドを完了し、Celoから独立した事業体となりました。

まとめ

Valoraのモバイルスタックは、モバイルデバイス向けのWeb3 DAppの開発を大幅に簡素化し、モバイルファーストのアプローチを推進します。これにより、より多くのユーザーがWeb3の利便性を享受できるようになります。また、初期導入事例や多様な応用例からも分かるように、このプラットフォームは多くの可能性を秘めています。今後、Valoraのモバイルスタックがどのように進化し、Web3コミュニティに貢献していくのかが注目されます。

参照元

Web3 DApp関連記事

ABOUT
MetaVeRseworld
MetaVeRseworld
MetaVeRse worldは、メタバース、web3.0、ブロックチェーンゲーム、NFT、仮想通貨といった革新的なテクノロジーに焦点を当てた情報を提供する先駆的なメディアです。 最新のトレンドや技術革新、業界の動向を探求し、読者に幅広い視点からの洞察を提供しています。 メタバースの進化とその影響、ブロックチェーン技術がゲーム業界にもたらす変革、NFT市場の動向、そして仮想通貨に関する最新のニュースなど、多岐にわたる情報を網羅し、ユーザがテクノロジーの未来を理解し、進化するデジタル世界を楽しむ手助けを目的にMetaVeRse worldは、革新的なテクノロジーに興味を持つ人々に向けて、知識とインスピレーションを提供します。
記事URLをコピーしました